FC2ブログ

僕の可愛いおじさん 5話

 「わあ、何するんだこの馬鹿オロカ!」
 「心配して下さってるんですよね、僕のためにーーーああ、榎木津さんッ」
布団の上に押し倒して抱き締める。
 「ああッお前!この馬鹿、何発情しているんだっこんな時に!」
嫌でも身体を密着していれば下半身の膨らみはばれてしまう。 
 「あんたが来てから、いや、あんたが来る前からずっとこんなんですよ、全くもう、あんたって人は!」
僕が東京で一人で過ごしている事を気にかけてくれている。ぶっきらぼうな態度と裏腹な言葉しか話さないこの不器用な人が愛おしくて仕方がない。
 「やっばかあー何するんだアアッ」
ほっぺたに吸い付きながらエプロンの下から手を這わし、シャツの釦を外してゆく。唇を重ねるのは風邪を移しそうなので首筋に吸いついた。(既に口移しで唇は重ねあっていたが)
掌を這わせ、胸の突起にたどり着くと指の腹で撫でる。
 「やあ、この変態っ」
エプロンを脱がさずに榎木津の下半身の布を取り、引きずり下ろす。
 「だって可愛いじゃないですか、こんなの襲っちゃいますよ」
 「こっこの強姦魔ー!」
その言葉にぴたりと益田は動きを止める。もじもじしながら正座をして榎木津の反応を窺っている。その様子は悪戯を咎められた小学生のようで益田を幼く見えさせる。
 「何だ、どうした?マスカマ」
 「だって、強姦魔ッて・・・そんな事言われちゃ僕は・・・」
益田は泣きそうな表情をしている。はあーと盛大な溜息を榎木津は吐いた。
 「いいよ」
 「へ?」
 「いいから直ぐに済ませる!わかったな!」
 「ええっ?」
榎木津は栗色のサラサラとした髪を掻き揚げ艶めかしい半裸の身体を晒しながら
 「したいんだったらさっさとする!」
益田は榎木津の顔を覗き込みながら
 「・・・・いいんですか?」
と、問う。目を逸らしながら榎木津は、イイぞ。と答える。
 「榎木津さあん」
甘えるような情けない声を出しながら益田は榎木津に覆い被さる。
 「ああ、馬鹿ッエプロンは脱がせろッ」
エプロンの上から胸の突起に吸い付く。もう片方はエプロンの肩紐をずらして直接指で触れる。
 「アアッマスヤマ・・・」
益田は榎木津の反応にゾクゾクし乍ら、その身体に手を這わせてゆく。時折エプロンごと身体に吸い付き乍ら下肢へと身体をずらした。膝裏に手を掛けるとぐっと持ち上げる。
 「やっ・・・・!」
可愛らしいエプロン姿から覗く白く細い脚が伸びて踵は布団の上を艶めかしく滑る。兆している部分のエプロンの膨らみごと吸い付いた。
 「ああんっ」
 「榎木津さん、可愛いです」
 「馬鹿バカ変態!・・・アッんッ」
足をバタバタさせる榎木津に奥まった部分に指を差し入れる。蕾に指を出し入れする。
スポンサーサイト



益榎 | コメント(0) | 2018/10/20 14:09
コメント

管理者のみに表示